Home ⇒ お役立ち情報 ⇒ ご飯の炊き方
2017年9月
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
有限会社 丸地米穀 会社情報
少しの手間で差が出る”ご飯炊き”の秘訣

ポイント① 手早く洗う
多めに水を入れて底の方から手早く2~3回。サッと洗って水を流す。
<最も濁る最初の水を米に吸わせない>
2回目からは手のひらの付け根部分で押すようにして 米同士がお互い
を磨く感じでと数回研いで 水を加えて濯ぎ、すぐに濁り水を捨てる。
これを2~3回繰り返す。
× 泡立器 は使わない。(米が砕ける)
× お湯洗いは使わない。(デンプンの溶出)
× 長時間のザル上げ。 (米が乾燥して割れてしまう)

ポイント② 浸水時間
加熱前の吸水の具合がふっくら度を左右します。
<浸水時間は季節に合わせ短すぎず、長すぎず>
30分 1時間
急ぐ時はぬるま湯で炊く 長時間保存は冷蔵庫

ポイント③ 蒸らし終えたら必ず混ぜる
味の均一化と余分な水分をとばすため!

ⅰ しゃもじをごはんの周りにグルリと入れる
ⅱ しゃもじでごはんを切るように飯切り
ⅲ ご飯の上下を入れ替えるように混ぜる

※ご飯の粒をつぶさないようにする これは作り方の一例です。他にこんな炊き方がある!と言う方はメールにて教えてください。